Saturday, February 03, 2007

華氏1ケタ

さっむいです。

摂氏/華氏のもっとも分かりやすい数字比較は次の部分が適当かと。0℃=32°F。つまりアメリカで見る天気予報で、数字が32以下は全て氷点下。そしてそれが一ケタとなると・・・んもう頭で換算できません。

新聞やテレビの天気予報で見るシカゴの気温は最高気温が一ケタの時もあります。本日は幸い(苦笑)最高気温は15°F=約−9.4℃。しかし午後5時半現在の気温は、8°F=約−13℃です。

昨晩のテレビの天気予報では、シカゴ上空の天気図が2つにエリア分けされ、片方に「bitterly cold」もう片方に「brutally cold」との文字が出ていました。ルーミーとテレビを見ていて「・・・これはどっちの方がより寒いのだろう・・・」と頭を抱え、「いずれにせよ『非常に寒い』ことは間違いないらしい」との結論に落ち着きました。

「苦い」を意味する「ビター」を気温に使う際は「厳しい」となります。そして「暴力的な」という意味を持つ「ブルータル」。これが気温に使われるとなると余程なのだと思います。なので、程度としてはbitter<brutalかな、と。

「暴力的な寒さ」。

さむっ。

なお、正しいお出かけの恰好はこうです(笑)。

2 comments:

RON said...

僕がその格好したら間違えなく「職質」だ、、、

Hiro said...

ronさん、
うん。自分でも結構ヤバい恰好な気がする。でもみんなこんな感じだから心強いよ(笑)。「顔をすっぽり覆って目と鼻と口だけ出す帽子あるいはフード」をかぶってる人もいるよ。でも、それも納得。さっむいもん。