Saturday, July 21, 2007

ピッチ

野球でマウンドからボールを投げる人は、

ピッチャー。

ピッチする人だからピッチャーですよね。

・・・

なめとんのかい!

と言われそうな出だしですが、まぁまぁまぁ。だって、英語で「投げる」って言おうとする時「ピッチ」って使わなくないですか?「ボールを投げる」って言いたい時、概ね「スロー」を使いませんか。throw a ball。

じゃぁ、

ピッチてなんじゃ。なんで投手はピッチャーなんじゃ。スローとピッチは何が違うんじゃ。

が、本日のご紹介。

ピッチで投げるとき、そこには的があります。
スローには、投げ「入れる」という意味が含まれています。

なので、私が自分で解釈しているその差は(もの凄く大雑把な説明ですが):ピッチは「バシッ」と投げてて、スローは「ポイッ」って投げてる・・・です。これって伝わるのかなぁ。。。

で、本日のメインはその「ピッチ」、別の使い方。

ボール以外に何をバシッと投げるかというと「アイデア」なんです。出版関係の仕事ではよく「ピッチ・ア・ストーリー」という表現が使われます。要するに「企画を提案する」という意味で、I wanna pitch a story to that publisher (=あの出版社に企画を提案したい/持ち込みたいんだよね)と言います。 もちろん原稿だけではなく、新製品のアイデアを提案するときにも「ピッチ」が使われますから、新しい商品を次々に生み出す人の事を「ピッチマン」と言ったりするんです。「あたれ!」と願いを込めて、的にバシッと行く。そういう感覚では、「スロー」じゃなくて「ピッチ」の方がしっくりくる気がしますね。

*ちなみにそうやって「ピッチ」したアイデアが受け入れられる場合「accept(アクセプト)」、却下される場合は「reject(リジェクト)」が使われます。

「英会話一言メモ」というブログにしよう!との提案が出て、「普段使えるかな」「案外知らないな」という単語を更新ケセラセラでアップしておりますが、先日新たなアイデアをピッチしてみました。

あのー・・・お料理一口メモとかも・・・挟んだりしたらどうでしょう・・・?

ACCEPTED!

やったー!やったー!

そこで、シカゴでマスターしたお料理のミニレシピなども、今後どんどんご紹介していきますねー!!!

3 comments:

Hero爺 said...

 会社で(ピッチ)という言葉がよく使われます。パワーポイントで作られたプレゼン資料のことを皆さん(ピッチ)と言っております。
 イマイチこの意味が解からなかったので、この言葉を使えませんでしたが、この(ピッチ)もHiroさんが説明してくれた【pitch】と同じと思われます。
 これで自信もって【pitch】が使えそうです。有難う御座いました。

がんぞお said...

さらにMLB小ネタみたいのもあればなおうれしいです!

Hiro said...

hero爺さま
お役に立てればなによりです。私はいい年の仕事人にも関わらずパワーポイントが使えません・・・。プレゼン用だからピッチなのは、きっと、この解釈と同じでしょうねー。是非自信を持ってピッチ!と使ってくださいね。そして、ピッチがアクセプトされると、なおいいですねー。

がんぞおさま
MLB小ネタ
・・・ゔ・・・
ガンバリマス!